スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

LOVE 8

2009/03/07 Sat 04:49

実は今日から3連休!!

さあ、何して過ごそうか・・・。って決まってるんですけど。

今日はしつこいようだが友達と飲みに行き、明日はじっちゃまの法事で飲み、明後日は引きこもり。
・・・乙女の過ごし方として間違ってる気がするようなしないような・・・。

そんな枯れた(私の)乙女心を回復させてください。

そんなこんなで LOVE第8話です。



LOVE 8


今日の仕事は雑誌の撮影だった。
女性ファッション誌で、可愛い洋服を着させてもらっての撮影。
自然な京子さんを撮らせてくださいと言われ、私もそれに答えるべく自然にしていた。

でも、何が自然なのか。
本当にこれが自分自身なのだろうか。
そんな疑問が押し寄せてくる。

次の仕事に行くための移動の車の中、本日初めて携帯電話を開いた。
そこにはメールの受信記録。
「敦賀さんからだ・・・」
受信時刻は昨日の23時37分。
昨日のその時刻はちょうど入浴をしていて、その後携帯電話のチェックはせずに寝てしまった。

『 From 敦賀蓮
Subject 無題
  夜遅くにすまない。いつでもいいから君が空いたときに連絡をくれないか?
  聞きたいことがある。』


敦賀さんが私に聞きたいこと?
なんだろう、と思いとりあえずメールの返信をした。
『返事が遅くなってすみません。聞きたいことってなんでしょう?』
その返事は夕方に戻ってきた。
『会って話がしたい。いい日を教えてほしい』と。

忙しい敦賀さんが私と逢える時間なんかあるのだろうかとも思ったけど、とりあえず明日からのスケジュールの空く時間をメールで送った。
きっとメールや電話ではできない話なのだろう。
でも私に聞きたいことの理由がよくわからない。
私は敦賀さんに話すことなんて思い浮かばないんだけど・・・

でも・・・自分で敦賀さんから卒業するって誓いを立てたのに敦賀さんの名前を見ただけでほっとする自分が居る。
会えることを嬉しく感じるなんて・・・
強くならなきゃいけないのに・・・

結局、二人の時間が合うのは3日後の夜9時。
いつもの店で、と約束した。


******


不破と会った後、俺の中には嫉妬で埋め尽くされていた。

『2年前から俺たちは時々飯を食べに行ったりしている』

彼女が飲みに誘う男は俺だけだと思っていたのに・・・
それすら違ったのだろうか?
ただの思い上がりだったのだろうか・・・?

『2年前だ』
『キョーコも俺もアンタが知らないだけで時間は回ってる。いつまでもそのままだと思うなよ』

何も知らない。
彼女に何があったかなんて。
「くそ・・・っ」
ちゃんと見ているつもりだった。
彼女に一番近い男は自分だと思っていた。
それなのに・・・・・

「ど・・・して・・・不破・・・?」

あいつに捨てられて、あいつに復讐するためにこの世界に入って。
あいつに会うたびに復讐心むき出しにして。

たしかに復讐なんて馬鹿なことはやめたほうがいいなんて何度も思った。
でも、いざあの二人の中にわだかまりがなくなったら・・・
そんなこと考えるだけでも吐き気がする。

2年前・・・何があった?
二人の関係を変えてしまう程・・・何があった?
どうしてそのとき君は俺に相談してくれなかった?
相談もせずに解決できるようなことだった?

とにかく・・・彼女に会わなければ。
会って・・・彼女の口から聞かなければ。
きちんと、本当のことを・・・

疑問ばかりが生まれる中、彼女にメールをした。
聞きたいことがある。

自分が彼女にとってどういう存在なのか。
不破と彼女が今どういう関係にあるのか。

そして、2年前・・・何があったのか・・・

会って話がしたいんだ。
君の声で聞かせて。
不破とは何の関係もないって。
飲みに誘う男は俺だけだって。

「嫉妬で・・・狂いそうだ・・・」

好きなんだ・・・君のことが・・・

君に俺以外の男が近づくなんて・・・俺以外が君の隣に立つなんて・・・そんなこと・・・

「絶対に許さない」





さて・・・なんだか最初に考えていたより長くなってきたな・・・。どうやって逃げよ・・・解決させよう・・・orz
LOVE | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示
« LOVE 8.5 | HOME | 感謝☆ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。