スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

電波事情

2009/10/07 Wed 22:22

こんばんわ!!

皆様のおかげで、50000HIT!!
迎えることができましたーーーーvvvv

ありがとうございます~vvv

嬉しいでッす!!!

これからも頑張って楽しんでいきますので、皆様も楽しんでいただけたらいいなと思っていますv


では、以下。
50000HIT記念SSですvv



電波事情




今日で丸一週間!!!

『お掛けになった電話番号は電波が届かないところにおられるか、電源が入っていないためかかりません』

携帯電話から機械的な声が流れてくる。
この声を聞きだして丸一週間。
今は仕事で携帯電話の電波が届かないほど山奥でロケをしている恋人。
「今回のドラマの撮影、もしかしたら連絡着きにくい場所かもしれないんです」
とは、確かにロケに行く前に彼女に言われたことだった。
このご時世で、電波が届かないところというのはよっぽどの田舎か、山に電波を隔たれたところだろう。
まあ、仕事なのだからそれは仕方がないといえば仕方がないこと。
だが、恋する男にとっては仕方がないなんて言葉では簡単に終われるはずもない。

「・・・・・はあ~~~~~」
「おい、蓮?どうしたんだよ。そんなに重いため息なんて吐いて・・・って、お前がため息吐く理由なんて100%キョーコちゃんがらみのことなんだろうけど」
「・・・・なんですか。100%って・・・」
「違うのか?」
「・・・・そうですけど・・・」
「正直に育ってくれてお兄ちゃんは嬉しいよ」
うんうん、と満面の笑みで腕をくんで首を縦に振っている。
そこで納得されても、事態は何も変わらないのだが。

「どうしましょう!社さん!!」
「え?」
「キョーコ、危ない目にあっていないですかね!?」
「えと・・・」
「だって、スタッフの中には男もいるわけですし!」
「うん。まあ、それは・・・」
「キョーコはかわいいから、どこかの害虫が手を出したり!!」
「害虫って・・・おまえ・・・」
「ああああ!!!俺のキョーコを・・・・!!!」
「あ・・・あのな・・・?蓮・・・もうちょっと声を落として・・・」
ここは蓮の楽屋だが、これだけ大きな声を出していると誰に聞かれるのかわかったもんじゃない。

(蓮・・・イメージってもんがあるんだから、な?)
一人で妄想に苦しむ蓮を、はたから眺めると非常に面白い。
芸能界のトップをひた走る蓮。
京子こと、最上キョーコとは3ヶ月前にようやく恋人同士となった。

「でもさ、3ヶ月って・・・」
「え?なんですか?」
「!!!い、いや、なんでもないよ」
(うわあ!!俺、ぽそっと声に出しただけだったのに!!なんで聞こえるんだ、この地獄耳め!!)
「社さん?」
「いや!なんでもないんだ!!こっちのこと!!」
「社さん?」
「!!!!(ひいいいいい!!!なんでそんな笑顔なんだ!!それは脅迫としか感じないぞ!!)」
まるで蛇ににらまれたカエル・・・もとい、魔王様ににらまれた庶民のように身体が動かない。
(頼むからにらまないでくれええ!!!)
長年、蓮と行動をともにしている社は、キョーコの次に蓮の気持ちに敏感だ。
まあ、キョーコによって引き出された蓮の本当の部分がカタチとなって現れているだけなのだが。
「社さん?怒らないので言ってみてください」
(怖い!!怖い怖い怖い!!なんでさらに笑顔が濃くなるんだ!?それはもうすでに怒っている顔じゃないかあ!!)
「社さん?俺、決して気が長いわけじゃないんですが?」
(ああ!もちろん知っていますともーーーーー!!)
酸欠になりそうな状態で蓮と対自している社は、必死に息継ぎをしながら声を絞り出す。

「あ・・・あのな?蓮・・・。今から言うことはただの迷信だってことを前提に聞いて欲しいんだけど・・・」
「はい」
「いいか?誰もがそうってわけじゃないからな?」
「はい。わかりました」
「いいか?本当にわかったんだな?」
「しつこいですよ。社さん。さっさと言ってください」
「わ・・・わかった・・・。あのな・・・?」
「はい」

「付き合いだしてとか、結婚して3ヶ月目って微妙な時って言われてるんだ・・・」
「・・・・微妙なとき・・・?」
「あ・・・ああ。大体3ヶ月ほどしたら相手のこともわかってきて、嫌な面がたくさん見えてきて別れたりすることが多いって・・・・」
「・・・・・・」
「あ!!あくまでそんなふうに言われているだけで、全てのカップルがそういうわけではないからな!?」
「・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・あ・・・・あの・・・蓮くん・・・・?」
「・・・・・・・・・・・・」
黙ってしまった蓮に、恐る恐る話しかけるが、反応がない。
蓮はまるで何かを考えているように身動きをしなかった。

「・・・・・・・・蓮・・・・・?あ・・・あの・・・そろそろ移動の時間なんだけど・・・・」
5分ほど動かない蓮に痺れを切らした社は、恐る恐る魔王様にお伺いを立てる。
「・・・社さん・・・・」
「!!ん?なんだ?蓮・・・!」
やっと動いてくれた蓮に、社はほっとして声を掛ける。

「キョーコから連絡ないってことは、俺と距離を置こうってしてるってことじゃないですよね!?」
「はあ?」
「だって、一週間ですよ!?携帯電話がダメでも公衆電話とか旅館の電話とかなんだって連絡の手段はあるはずじゃないですか!!」
「お・・・おい・・・」
「それなのに連絡してこないってことはそういうことなんじゃないですか!?」
「・・・・・・・・オマエ・・・キョーコちゃんのこと信じてないのか・・・?」
「信じてますよ!!信じてますけど・・・でも3ヶ月で俺のこと嫌いになったのかもしれないじゃないですか!」
「・・・・落ち着けよ・・・・。嫌いにって・・・キョーコちゃんが嫌がること何かしたのか?何か心当たりがあるのか?」
オドオドしだした担当俳優をなだめるように社は声を掛ける。
「嫌がるっていうか・・・アレは結果的にキョーコもその気になっていたし・・・あ、もしかしてキョーコが風呂に入っているときに乱入したから・・・それともあの時の・・・・えと・・・・・」
(・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・蓮くん・・・・?今さらっととんでもないこと口にしたよね・・・・?)
社は、芸能界一抱かれたい男といわれている目の前の担当俳優を見て、世の中の女性はみんな騙されている・・・そんな気がした。

「あ・・・あのな・・・蓮・・・・俺が悪かったよ・・・」
「社さん・・・?」
「キョーコちゃんなら大丈夫だよ。蓮のことちゃんと好きだから」
「でも・・・」
「キョーコちゃん、ロケに出る前に俺にメールくれたんだ」
「メール?」
「ああ。自分が帰ってくるまで、蓮にしっかりご飯食べさせてほしいって。な?ちゃんと蓮のところに帰ってきてくれるから。きっと周りの目を気にして連絡できないだけだと思うよ?」
「社さん・・・・・」
蓮とキョーコはまだ秘密の恋人同士。
どんなところで誰に会話を聞かれているかはわからない。
だからこそ公共の電話を使うわけにはいかなかった。

「だからな?3ヶ月とかそんなこと気にしなくていいんだよ。何もなく順調なカップルもたくさんいるんだから・・・」
「社さん・・・・」
ほっとしたような顔をする蓮に、社もほっとした。
だが、なぜか空気は一瞬にして重いものに変わった。
「・・・・・・・・・・・・・え・・・・・?(ナニこの淀んだ空気・・・・)」
それは紛れもなく目の前の担当俳優から流れ出すものだった。
「れ・・・・・れれれれれれれれれれ蓮くん・・・?」
次第にぶるぶると震えだす自己の体を、社は必死で抱きしめた。
(まままままま魔王降臨――――!?なぜーーーー!!!!????)

「社さん・・・あなた・・・・」
「ななななななんだ!?」
「いつの間にキョーコとそんなメールをしてたんですか・・・?」
「・・・・っ(ソコかーーーーーー!!!!!!)」
「社さん・・・?」
「(ひいいいいいいいいい!!!キョーコちゃん!!はやく帰ってきてええええ!!!!)」





それから3日後、ようやくキョーコがロケから帰ってきた。
「ただいまです。敦賀さん」
「っキョーコ!!」
たまたま事務所に蓮がいるときにキョーコも事務所に訪れた。
ほんとうに偶然にであったものだから、蓮はここが廊下であるにもかかわらず、キョーコを抱きしめた。
「つつつつつつつ敦賀さん!」
「れ!!蓮!!こんなところで抱きつくな!!とりあえず2人ともここの部屋に入って!!」
近くにあった空き部屋に社は蓮とキョーコを押し込んだ。
「あのな、蓮。キョーコちゃんが帰ってきたのが嬉しいのはわかるけど、お前たちはまだ秘密なんだから・・・・・・って・・・・聞いてないな・・・・」
社の目の前で繰り広げられるのは、まるで遠距離恋愛中のカップルの会話。
「やっと会えた。キョーコ」
「9日間だけじゃないですか。大げさですよ?」
「9日間だよ!キョーコは淋しくなかった?」
「いえ・・・その・・・淋しかったです・・・」
社は目の前でいちゃいちゃラブラブしているふたりに、砂を吐きそうになり、その部屋を出ることにした。
「淋しかったんなら、どうして連絡してこなかったの?」
「・・・・だって・・・誰かに会話を聞かれてたら、と思うと・・・そこから敦賀さんと私の関係がもしもばれるようなことがあったら、敦賀さんに迷惑をかけてしまうと思って・・・」
「迷惑だなんて・・・!!!」
部屋の中からドア越しに聞こえてきた会話に社は、ほらみろ。俺が言ったとおりじゃないか、と思う。
「でも、今日は連絡してほしかったな。迎えに行ったのに・・・」
「いえ・・・あの・・・本当は電波の届くようになってからしたいと思ったのですが・・・・」
「なに?」
「携帯電話をつかってなかったので、充電もしてなくて、電波の入る地域に来たときにはすでに電池切れで・・・・」
「・・・・・・キョーコ・・・・・」
はあ・・・とため息が出た。
「ごめんなさい・・・」
「いいよ・・・」
「でも、突然現れたらびっくりしてくれるかなーっていたずら心もあったんです」
上目遣いで照れるようにそんなことを言うキョーコは、まさに小悪魔で。
さんざんキョーコが不足していた蓮の心臓に衝撃を与えた。
「・・・・完敗です・・・」
「びっくりしました?」
「うん。もう、だめかもしれない・・・」
「え?」
うなだれるようにキョーコに体重を少しかけて、蓮はキョーコを抱きしめる。
「もう限界。キョーコを補給させて・・・」
「え・・・?ええ?ん・・・・!!んむう!!」

(ちょっちょちょちょ・・・蓮ーーーーーーー-!?)
一方、ドアの前にいた社は聞こえてきた二人の声で何が起きているのか容易に察知した。
こんなところでコトに及ばれるのは非常に困る!!!
かといって、こんな状況で乱入するのも怖くて仕方がない。
誰だって自分の身がかわいいはずだ。
(だがっでも・・・っえええ!!どうしたらいいんだあ!?)
ひとりパニクる社。
はたから見れば、大丈夫?この人・・・と思われても仕方がない状況だ。
そんな時、♪♪♪♪♪♪♪♪と社の携帯メール着信音が聞こえた。
慌てて常備している手術用手袋をつけて、メールを開いた。

「・・・蓮・・・?」
それは紛れもなく、この部屋のなかでキョーコにいかがわしいことをしようとしている担当俳優からで。

『移動までまだ時間ありましたよね?これから俺は電波の届かないところにいますので』

(電波って・・・ようするに電源を切る、そして電話に出れないほど何かに夢中になるってことか・・・?)
明らかに電波の入る中にいるその場所をドア越しに眺め、社はなんだか泣きたくなった。

(まあ・・・これで魔王様のご機嫌が戻ってくれるなら・・・・いいか・・・・・)
ほとんど人通りのない場所だから、大丈夫かな・・・ととりあえず2人の声が届かない場所に行くことにした社。
(キョーコちゃん・・・・もう二度と電波の届かないところには行かないでくれ・・・)
切実な願いを社は心の中でつぶやくのだった。

(ところで・・・よくいちゃついてるときにメールなんか打ったよな・・・きっとキョーコちゃんは蓮がメールを打ったことも知らないんだろうなあ・・・・)
あらためて魔王様のすごさを実感する社。

そして、社はキョーコのありがたみを真剣に理解した。

(ごめん、キョーコちゃん・・・疲れて帰ってきたのにさらに疲れることさせて・・・・)
キョーコの苦労に静かに合掌する男が廊下に一人立っていた・・・・。


おわる






これからもどうぞよろしくお願いしますvv
記念 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
おめでとう(@▽@)ノ”
50000打おめでとう~
いやいや、なんとなくこの後裏に行きそうな・・・
裏をね書いてって、コマッディ様に伝えといてねv
そしたらいのうえさんがきっとたぶん、すっごいェロ絵をあげるって言ってたっす!
10万打の暁には、フリーSSをよろしく!
いやはやめでたい!
祝50000!
このグリグリと迫る蓮がなんともいえない接近戦。切羽詰った感じなのにきっちりメルするプロ根性(そうなのか?)フリーじゃないのを惜しみつつでも叫んじゃう。欲しいんですけどもらってもいいですかー!と。50000HITおめでとうございます~♪ああ、それからひまたんのすっごいエロ絵も裏も読みたいのでコマッディさまへの伝言、よろしくお願いしますね。ね?
Re: おめでとう(@▽@)ノ”
ひま♪

ありがとうありがとう!!!
裏・・・ねえ。彼らは勝手にいってるだろうねえ。

> 裏をね書いてって、コマッディ様に伝えといてねv
> そしたらいのうえさんがきっとたぶん、すっごいェロ絵をあげるって言ってたっす!

コマッディさんて誰よ?
私のケータイアドレスにはそんな名前の人入っていないんですが。
まあ、もしもお近づきになれたときには伝えておくよ。

でも、いのうえさんのすっごいェロ絵は私がほしいなあ・・・。
コマッディさんではなく、私にくれ。
待っていますvv

> 10万打の暁には、フリーSSをよろしく!

OKOK!!!約束しまっす!!
ありがとうvv
Re: 祝50000!
あおたん♪

SSは、昨日約束したとおりですので~vv
欲しいっていってくれて嬉しいvvありがと~^^

>それからひまたんのすっごいエロ絵も裏も読みたいのでコマッディさまへの伝言、よろしくお願いしますね。ね?

ああ、あなたもですか・・・・。
コマッディさん・・・・コマッディさーーーん!!!
いらっしゃったら返事お願いしマース!!!

私のためにェロ書いてーーー!!!

叫んでおきました。
きっと妄想が文字にできたら書いてくれると思います(爆)

それまでどうぞ気長~~~にお待ちくださいませvv
初めまして
おはこんばんちは。
朝6時半頃 カーテンを開けたら外は雪でした。
マイパソで仕事をしながら、スキビ2次創作サイト様をアチコチ ふらふらと当て所も無く
散歩をしながらこちらに寄らせて頂いて 調度
白の季節&雪の日を読ませて頂いた後でございました。と言っても 千葉県なのであまり積もりませんが・・・つまんない。
童心に還って雪遊びしたいなぁ。と思いました。
心がほっこりするお話大好きです。^-^
勿論 ヘタ蓮×激鈍娘もスキですよ。

あ 話が変わりますが うちの犬
(真っ黒のパグ)名前がレオって言うんです。
女の子には優しい紳士です。
男には・・・聞かないでやってください。
長々とすいません。
また 立ち寄らせていただきますね。



Re: 初めまして
ゆきだるま様♪

こんにちはvはじめましてvvv(返信遅くなってごめんなさい)
千葉県・・・私は九州ですので、もっと積もりませんよ。雪。特にうちの地域は・・・。
だからたまに積もると非常に迷惑・・・。
自分の休みの日に積もってもらう分にはかまわないのですけどね!
きっともう雪は降らないと思いますが、童心に帰って遊ぶことができれば、すっごく楽しいでしょうね!
よし、来年こそは(笑)

パグのレオさんですかーーー!
パグかわいいですよねーーーv私もダイスキvv
ワンコは飼ったことはないですけど、あの愛くるしい顔はたまりませんねvv
うちのレオさんは、ひまりっち-オレンジ-のひまりちゃんのお宅にも飾ってもらっていますv
かわいいレオさんがいっぱいですよー!私もよく眺めに行きます(爆)

また是非遊びに来てくださいねーーー(*^-^*)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。