スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

幸せのカタチ おまけ

2009/01/31 Sat 10:03

幸せのカタチ 11にて終了いたしました。
コマドの引き出しはすんごく小さく、文才もないのでうまい終わらせ方とはいきませんでしたorz

はじめに書いていた最終話よりは幾分マシになったかなーとは思うのですが・・・。

訪問してくださった皆様に気に入っていただければうれしいです。
よければ感想なんぞおねがいします(土下座)

あと、タイトルを見ていただければわかると思いますが、
幸せのカタチのおまけを下記に落としています。

その後の蓮と新開監督の会話です。
よろしければ、こちらもどうぞvv

「へぇ~。何おまえそんな面白いことになってたわけ?」
「面白いって・・・新開監督・・・。」
「じゃあ、お前と京子ちゃんやっぱりつきあってたんだ。そうだと思ってたんだよねえ。俺の目に狂いはなかった!」
「そ・・・それでですね・・・。」
「あ、CMの件は流れてないからね。お前のマネージャーにも伝えてあるし、京子ちゃんにも話は行くはずだよ。」
「ありがとうございます・・・。それとですね、あの・・・」
「なになに?まさか結婚しますとかそんな話?ゴシップが全くなかった敦賀蓮にいきなり結婚ネタ?でも、京子ちゃんまだ19だろ。それはないか~。で、何?」
「いえ・・・その・・・まさかです。」
「え!?マジで!?」
「はい。とりあえずキョーコが20歳になってからなんですけど。」
「・・・キョーコねえ・・・(ニヤニヤ)そうか。おめでとう。披露宴のときの紹介ビデオは俺に任せてくれ。まあ、披露宴はお前んとこの社長がすっごい派手にしそうだけどな。」
「やめてください!俺、必死に止めたんですから!」
「あはは、そうなんだ。」
「ビデオはよろしくお願いします。」
「ん。わかった。まずは、お前らのCM撮影からだな。すっごい熱いの期待してるから。」
「はい。期待しててください。」
その後、CM撮影はキョーコがとても恥ずかしがっていたもののとてもよい出来上がりで、国民の女性の話題を一気にさらったとか。


今度こそFin・・・

幸せのカタチ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。