スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
Dog tail cafe の夏那様より、素敵なSSをいただきましたーvv

本来なら私から先に捧げる予定だったのに。すみません。うちのパソ子が入院したばっかりに。

夏那さんにリクエストしたのは、先々週のチャットのとき。

そして、いただいたのは先週の土曜日。なんて仕事の早い方!!

頂いた私。
『私…何をリクエストしてこんなステキSSが届いたのかしら…』
ええ。最低な脳ミソの私は、自分がどんなリクをしたのか覚えてなかったのです!

それなのに優しい夏那さんは、そんな私にリクエストの内容を教えてくださいました(;_;)

そんな素敵な夏那さんからの相互記念SS。

下記よりどうぞvv
『シンデレラ伝説』


シンデレラは
日付の変わる午前0時には帰らなくてはならない。
そんな決まりがある。

そしてそんな法則は、このシンデレラだけのものではなかった。

***

「モー子さん、お誕生日おめでとうvvv」
「ありがとう、キョーコ///でも、いいの?こんな遅い時間に?」
「今日はね、特別に許可をもらったからvvvそれに、大事な親友の誕生日ですもの。どうしても一番に祝いたかったのよvvv」
「そっか。なら、大丈夫そうね。(ちょっと嫌な予感はするけど)じゃ、たまには夜更かしして、2人で飲みましょ♪」
「ふふ。嬉しいなぁ。モー子さんとこんな風にゆっくり過ごせるなんてvvv」

そして2人でシャンパンで乾杯をしようとしたその時、予感は的中した。

ピンポーン。

「?こんな夜中にいったい誰かしら?」
「わたし、とっても心当たりがある人が一人いるわ。」
「え?誰?モー子さん。」
「あんたの旦那よ!!本当に信じられない。」

ぶつぶつ文句を言いながら、仕方なくインターフォンのモニターをオンにすると、やはり予想通りの人物が・・・。

「やぁ、琴南さん。早く開けてくれないかな?これ以上またされたら、俺、ここのドアぶち壊しちゃうかもしれないよ?」

なっ!この似非紳士が!!仕方ない。キョーコには気の毒だけど、開放するしかないか。ドアを壊されるなんて御免被りたいもの。

「わかりました。」

素直に彼の言う事を聞いてドアを開ける。と、かって知ったる我が家のように、彼は・・いえ、奴はズカズカとキョーコのいるリビングまで入ってきた。しかも土足で!!

「さぁ、キョーコ。もう『今日』という日は過ぎたよ。帰ろう。」
「え?ちょっと蓮!今日はモー子さん家にお泊りしてくるって、言って、『いいよvvv』って答えてくれたじゃない!!」
「うん。だから、『今日』が過ぎてから迎えに着たんじゃないか。(にっこり)」
「いったいどういう屁理屈ですか!!敦賀さん!それにそんなんじゃ、キョーコがかわいそうじゃないですか!がんじがらめにされて。そして靴くらいちゃんと脱いでいただきたいですね!!」
「ああ、これは失礼。急いでいたものだから。けれど、琴南さん?これは敦賀家の問題だから口を挟まないで欲しいな?(きゅらきゅら)」
「敦賀家の問題だからって、あまりにもひどすぎるから言ってるんです!!(この際全面的にキョーコをバックUpしてやるわ!この屁理屈大王が!!)」
「キョーコは、家の大事なシンデレラなんだよ?シンデレラといえば、午前0時にはお家に帰るのが決まりだろう?ねぇ、キョーコ?(きゅらきゅらきゅら)」

くっ!キョーコに矛先を向けるなんてなんて卑怯な!!

「え、まぁ、確かにそうかもだけど、それは物語の中だけであって・・・」
「うん?何か言ったかな?(きゅらりらきゅらりら)」

だ、駄目だ。こんな顔してるときは、必ずキョーコは何もいえなくなってしまう!!そんなのは絶対許さないんだから!!(←もはや奏江の意地)

「そんな非常識な屁理屈が通るとでも思ってるんですか?!敦賀さん!!」
「(ちっ!)君には、口出ししてもらいたくないのだが?(BJモード降臨)」
「!!!!!も、モー子さん!ここは危険だから、これ以上は駄目よ!!モー子さんが危険な目にあうなんて、そんなのはいやぁぁぁぁ(泣)」

『『!!!!!!』』

よし。キョーコが泣けばこっちのものよ!

「ちょっと、敦賀さん、キョーコ泣いちゃったじゃないですか。今日のところは大人しく一人で帰ってください。」
「い、いやしかし・・・。」
「モー子さん、ありがとうね。でもこれ以上モー子さんが蓮に苛められるのは耐えられないから今日は帰るわ。それに、蓮にも話したいこともあるし・・・ね。どこの世界に土足で踏み込む人が居ますか!!帰ったらお仕置きです!!じゃ、ごめんね、モー子さん。また今度、ゆっくり話しましょう?」
「あ、キョーコ?やっぱり今日は泊まって行ってもい・・・「『シンデレラは午前0時には帰宅』するんでしょう?もう、いいです!!(ぎろっ!)」

ああ、やっぱり最後はキョーコなのね。
あの人を操る事ができるのは、きっとどこの世界を探してもキョーコ一人だけね。

おちまい。

***


リクエストは『12時になったら蓮にキョコが連れ去られる話』でしたvv
夏那さん!
本当に素敵なSSをありがとう!!
ヘタ蓮!サイコーでした!キョコはやっぱり最強なのですvv
是非夏那さんへ感想をお願いしますね!
夏那さん大好きです!ありがとうございました!!

相互記念品 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。