スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

敦賀蓮 観察日記

2009/05/02 Sat 14:00

このまえ、ブログを見直してたら。
短編って記念でフリーにしてみたり、よそ様に捧げたりしてはいたけど。
普通にUPするのって3月からやってない!!

LOVEも暗い話だから、短編でいっちょ明るく!!

では、久々の短編。下記よりどうぞ☆

敦賀蓮観察日記



○月○日 晴れ

ここ最近の俺の担当俳優、敦賀蓮は見ていておもしろい。
仕事中は完璧に敦賀蓮を演じてくれるが、問題はオフタイム。
今日も、仕事の合間にケータイをチェックし、メールが来てたのだろう、いそいそとメールの返信を行っていた。
別に、休憩中にケータイを見るのもメールに返信するのもおかしいことじゃない。
普段誰だってすることだ。
ただ・・・俺にはそのメールの送り主が丸分かりで。
蓮!!顔!!顔崩れてるから!!破顔しまくりだから!!
それじゃあ、相手は恋人ですって言っているようなもんだぞ!!
メールの相手はきっと・・・というか、100%蓮の想い人である最上キョーコちゃんだろう。
まったく、付き合ってもいないのにそんな顔をしてると周りのやつらに気が付かれるぞ?
そんで、恋愛発覚なんて記事が出た日にはお前、キョーコちゃんに誤解されるかもしれないんだぞ?
蓮に顔を指摘すると、とたんに元の敦賀蓮に戻る。
「何言ってるんですか。社さん」
っておまえこそ何いってるんだああああああああ!!
もうそろそろ俺にばれてるてことをきちんと認識してくれ。
お前のキョーコちゃんへの想いはダダ漏れなんだから。



○月△日  曇り

今日は事務所に寄ると蓮の片恋の相手、キョーコちゃんがいた。
ピンク繋ぎを着ているところを見るとラブミー部の仕事中なんだろう。
俺たちが居る場所からキョーコちゃんが居る場所まで結構離れていたからキョーコちゃんはこっちに気づかない。
「俺、用を済ませてくるから・・・」
言いかけて隣にいる蓮を見ると・・・・見る・・・っていねえ!!
気づけば蓮はキョーコちゃんを捕獲していた。
はやっ!!瞬間移動か!!
蓮の笑顔ってばもう・・・それとは対照にキョーコちゃんの顔は引きつって・・・
ホント、面白いなあ・・・キョーコちゃんって・・・
普通の女の子なら蓮と会っただけで真っ赤になるってのに。
ほらほら蓮。ちゃんとストレートに気持ち言わないとキョーコちゃんに伝わることは皆無だぞ?



○月×日  雨

都内某スタジオ。今日はここで各番組対抗のバラエティクイズ番組が収録される。蓮は新ドラの主役で、この番組にも番宣で出演することになった。
今日の蓮は傍目から見るといつもと変わらないが、俺から見ると嬉しそうな顔をしていた。
それはそうだよなあ。キョーコちゃんも同じチームでこの番組でるもんなあ。
キョーコちゃんは同じドラマで蓮とは仲のいい兄妹の役。
場の雰囲気も和むくらいの仲のよい兄妹は、現場でも同じように仲がよくて。
一緒にお弁当も食べてくれるし、時々キョーコちゃんさし入れ持ってきくれたりもしてくれるし。
なんてゆーか、最近の蓮はちゃんと食べてくれるから健康状態もばっちりだし・・・
と、こんなふうにキョーコちゃんのおかげで蓮の調子はとても良い。
せっかく同じ場所での仕事、キョーコちゃんも誘ってスタジオに行こうとキョーコちゃんの楽屋に行くと、中から聞こえたのはなんだか言い争うような・・・
え・・・えええ!!これはもしかして・・・不破くんの声!?
相手を罵倒しまくるようなことをキョーコちゃんが言う相手は彼以外にありえない!!
なんでここに!?・・・って不破君もこの番組に出るの!?
どうしようとか思っている間に、おれの周りの温度が氷点下まで下がった!!
ひいいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!
怖い怖い怖い怖い怖い!!!!
蓮くん!!怖いから!!!!
目をすえて静かに扉をノックして、キョーコちゃんの返事は聞く前に扉を開ける。
その瞬間ぴたっとやむキョーコちゃんvs不破くんの言い争い。
「こんなところでそんな言い争いをするなんて芸能人としてよくないな?不破君?最上さん?」
俺からは見えなかったが、きっと蓮はにっこりとそれはそれは恐ろしい笑顔でそう言ったに違いない。だって、その証拠にキョーコちゃんの顔は真っ青でうっすらと涙まで浮かべている。
そうだよね。怖いよねぇ。後ろにいるおれだって怖くてたまらないんだから。
不破君は苦虫をかんだような顔をして楽屋から出て行った。
その後の蓮といったら、撮影始まってからも不破君に見せ付けるかのようにキョーコちゃんにべったりで。番組スタッフにも本当に兄妹みたいに仲がいいんですね、なんて言われていた。
蓮・・・。そんなところで独占欲出すなよ・・・。本当にへたれなんだから・・・。
なんかもう、とばっちりを受けるキョーコちゃんがすごく哀れで仕方ない・・・。
ごめんね、キョーコちゃん・・・



○月☆日 晴れ

今日は



「何書いてるんですか?社さん」
「え?うわああ!!蓮!!」
「・・・何隠したんです?俺に見られてはいけないものですか?」
「な・・・っなんでもないぞ!!撮影は終わったのか!?」
「はい。今から昼休憩だそうです。最上さんが今日はお弁当持ってきてくれたらしくて、社さんの分もあるからって・・・」
「そ・・・そうか。うん。今行くぞ!!」
あわてて日記帳をバックの中に隠す。
ばれてないよな!?よっし!!
何事もないふりをしてキョーコちゃんのもとへ向かう。
「・・・・・・・・・・社さん」
「ん?なんだ蓮?」
後ろを歩いていた蓮を振り返ると、そこには・・・・・
ひいいいいいぃぃぃぃぃぃぃぃ!!大魔王!!!!!!
「・・・社長によけいな情報流したりしたら許しませんからね?」
にっこりとこの世のものとは思えないほど恐ろしい大魔王がそこにいた。
「も・・・もちろんです・・・・・・・・・」
大魔王に睨まれたちっぽけな人間にそう言う以外の選択肢はなかった。
大魔王様はかわいい姫のもとへ行き、それはそれは幸せそうにお弁当を食べたのでした。

・・・社長・・・俺は自分の命のほうが大切です。
敦賀蓮観察日記はこれにて終了させていただきます!!!!!
すみませえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇん!!!!!(脱兎)







そして社は地獄をみる・・・

短編 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。